2018年02月26日

谷津干潟のサイエンスカフェに参加してきました(守屋)

昨日は、谷津干潟のサイエンスカフェで話をしてきました。

テーマは、興味を持って水辺の鳥に関わってほしいと期待して、最も身近な(?)シギであるハマシギの繁殖地、中継地、越冬地の様子を三人で分担して話題提供しました。

環境省の辻田さんのアラスカの繁殖地の調査に参加した話では、アラスカでは年々雪解けが早まっているのですが、ハマシギの営巣開始はそれに合わせて早まっていけていないようです。エサとなる昆虫は雪解けとともに発生が早まっているそうなので、今後もそのズレが拡大していくとシギのヒナの成長に影響があると懸念されているようです。
また、漫湖水鳥湿地センターの富田くんはロシア側の繁殖地・中継地の話をしてくれました。日本に来ていそう(通過していそう)な4つの亜種を紹介してくれました。カムチャッカハマシギとサハリンのハマシギは、日本でいつも見かける形態とは異なる点もあり、夏羽ならなんとか発見できそうな気がしました。どの亜種が、どのようなルートをどんな時期に利用して移動しているのか詳しくわかってないことも多く、今後の研究や観察記録が期待されます。
私はハマシギの越冬地としての日本の話をし、越冬期の優占種であること、国内でも冬に徐々に個体数が減少しており準絶滅危惧種であることを紹介しました。

最後に多くの質問があり、繁殖地の話というのは皆さん興味があるのだなと思いました。個人的にも日本が主要な越冬地・中継地であることから積極的に保全などに取り組まないといけない種ということを改めて痛感しました。
ハマシギのカウントイベントや『亜種カムチャッカハマシギを探せ!(マニアむけ)』とか企画したいですね。また今後はロシアやアメリカ、他の越冬地とも連携してハマシギの謎に取り組んでいきたいです。

とにかく繁殖地でハマシギを見てみたい!と思いました。


IMG_9033.jpg

谷津干潟観察センターのカフェのおにぎりセットは海苔がカニとダイゼン?でした。
ホンビノス貝のクラムチャウダーやうどんも味わえます!

posted by ばーりさ at 14:30| 活動報告

2018年02月24日

Co-creaction アワードで発表しました(佐藤)

DSC01260.JPG企業とNPOが協力して、新しい事を企画するイベントがあり、バードリサーチも「鳥と共存できるまちづくり」というテーマで発表しました。

最優秀賞はなんと100万円。優秀賞も50万円。これさえあれば、新しい研究ができると、全力でプレゼンしましたが、残念ながら7チーム中3番目となりました。

それでも終わったあとの懇親会で、いろんな企業の方から「よかったよ」といってもらえたのが、なによりも励みとなりました。
今後も「鳥との共存」を目指して、企業にアタックしていきます!


posted by ばーりさ at 21:33| 活動報告

2月24日中央公園調査報告

もう2月下旬。
今日は2月最後の調査です。
エナガは繁殖期に入ったようです。
群れを解き、つがいで行動していました。
つがいでクスノキの樹皮についたコケをむしり取っていました。
シラカシの茂みに営巣場所を決めたようです。

相変わらず公園はシメでいっぱいです。
しきりに飛び交うため正確な個体数はわかりません。
そこで一方方向に飛ぶシメを数えてみました。
すると、少なくとも78羽。
実際には100羽近くいるのではないでしょうか。

下の図は、最近の4年間のシメ個体数の比較です。
どの年も10月から2月の10日ごとの最多個体数の変動を表しています。
今冬は、個体数の多かった2015年冬よりも個体数が多いことがわかります。
さらに、長期間居ついています。
今冬は公園にカエデの実やヒマラヤスギ、ユリノキなど食物が豊富なためでしょう。

180224_shime.gif
    (2014年から17年冬のシメの個体数の比較)

一方で、カワラヒワはここ2年間少ない傾向にあります。
2014年や2015年では最高30〜37羽記録されていました。
しかし、2016年と17年冬はせいぜい25羽です。
また、昨年や今シーズンは2014年より早くピークが来ていました。
今年はニレの実も豊作です。
とすると、宇都宮付近ではカワラヒワの飛来が少ないのかもしれません。

180224_kawarahiwa.jpg
   (アキニレで採食するカワラヒワ)

180224_kawarahiwa_hendo.gif
(2014年から2017年冬のカワラヒワの10日ごとの最多個体数)

冬の都市公園における鳥の変動。
長期的なモニタリング調査の楽しみの一つです。

参加者7名 記録種数24種 記録個体数266羽
次回は3月3日午前7時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 12:18| みにクル報告(宇都宮)

2018年02月17日

中央公園2月17日調査報告

だいぶ朝の冷え込みが緩んだ2月中旬。
公園の植え込みのマンサクが早くも黄色い花をつけていました。

大池の掃除はまだ終わっていません。
一段低くなった水路にわずかに水が残るだけです。

180217kouen.jpg
      (清掃中の大池)

今年はカワセミの雌がまだこの水路に来ていました。
水路に渡した足場の上や横のバケツにとまって魚を狙っていました。

180217_kawasemi.jpg
    (バケツにとまるカワセミ)

さらにアオサギ1羽とコサギ1羽。
北関東では著しく個体数が減ったコサギです。
市街地の塒から飛来したようです。
公園に降りてきたのはいつ以来でしょう?

180217_sagi.jpg
   (池に降りたコサギとアオサギ)

シメは相変わらず多く、カエデの木に群れていました。
ただ、前回よりは少ないようです。
人が通ると高木に移動したり飛び去ったり。
なかなか正確な個体数をカウントできません。

小学生のS君が31羽とカウント。
参加者の皆さんも納得。
日本庭園のシメはS君のカウントで決まり!

キジバトの長閑な鳴き声が3か所で聞こえてきました。
エナガもつがいらしい2羽で行動していました。
今日は、少し春の気配が漂う朝でした。

参加者6名 記録種数27種 記録個体数198羽。
次回は2月24日午前7時からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 10:46| みにクル報告(宇都宮)

2018年02月11日

繁殖分布調査ワークショップ滋賀(植田)

2月10日,滋賀県琵琶湖博物館で繁殖分布調査の分布図ワークショップを開催しました。
共催いただいた日本野鳥の会滋賀琵琶湖博物館の皆様ありがとうございました。

DSC01249.jpg

約30名の参加でここまでの成果の報告と,分布図作成のうえで重要になってくるアンケート情報の送り方について体験していただきました。いきものログで,そしてアンケート用紙でこれから情報が集まるようになると良いのですが。
今回は,調査コースがほぼ実施できた滋賀県で1回目を開催しましたが,来年度以降,ほかの県でも開催して,各地のデータの収集とぼくの趣味の各地のカツ丼コレクションの充実をいっそう進めていきたいと思っています。

DSC01250.jpg
今日は,野鳥の会滋賀の大塚さんと大橋さんに西の湖を案内いただいて,冬の琵琶湖を楽しんだ後にカツ丼も楽しんできました。大塚さんはエビフライカレー南蛮,大橋さんはカツカレー南蛮を食べてました。

mikuriya.jpg

けっこう量があってお腹いっぱいだなと思いましたが,新幹線に乗るとお腹がすいてきました。今日も健康です。


posted by ばーりさ at 19:47| 活動報告