2018年01月31日

今までいなかったヒヨドリやメジロが… 秩父調査2回目(植田)

今日は秩父の2回目の調査でした。先日の雪も秩父はそれほどでもなかったようで,雪はそれほど積もっておらず,吹きだまっているところを除けばスパッツも要らないくらい。気温も―7.8度とそこそこは寒かったですが,ここのところの寒さからすると,ほっと一息というところでした。

今年は寒い冬という感じではあるのですが,温暖化の流れか,今まで調査地で見られなかった生物が見られるようになっています。今回のトピックスはヒヨドリ,メジロそしてニホンザル。山の中腹までは見られても,調査地ではほとんど見られなかった彼らが,今回の調査では見られました。特にヒヨドリは1回目の調査でも見られたので,今年は越冬したようです。

saru.jpg

3種とも重要な種子散布者でもあります。彼らが定着するともしかしたら果実植物が増えたり,調査地の植生にも影響が出てくるかもしれません。植物はあまり得意ではありませんが,気にしてみていきたいと思います。

今回は秩父駅でレンタカーを借りたので,終了後駅のまわりを散策して,カツ丼を探しました。水曜日だからかどこも定休日。駅に新しくできた温泉施設で食べることになってしまいました。ちょっと衣の油切れがわるい感じだったので,普段でしたらちょっとマイナス評価なところですが,体調が絶好調だったので,それもまた美味し。

warajikatsutei.jpg
続きを読む
posted by ばーりさ at 21:07| 活動報告