2018年01月20日

1月20日中央公園調査報告

今朝は生憎の曇り空。
そのせいか寒さはだいぶ緩んでいました。
集合場所ではこの季節あまり目にしないオナガの群れが出現。
鳴きながら東へ移動していきました。
少なくとも11羽。

180120_ike.jpg
    (池の水位が下がった大池)

ついに今年も大池の清掃が始まるようです。
大池の水が抜かれはじめ水位が低くなっていました。
池の凍結がないこともあってカワセミ、カイツブリが記録されました。

水が少なく魚が捕らえやすいためでしょうか。
カイツブリがしきりに同じところで潜水を繰り返していました。
数度目で見事に小魚をゲット。
しかし、彼らを見られるのもあと1週間ほどです。

180120_kaitsuburi.jpg
 (小魚を捕らえて食べるカイツブリ)

再びみられるのはカワセミで早くて4月ごろ。
カイツブリは6、7月ごろになりそうです。

このところの日本海側の大雪の影響?
急にシメが増えてきました。
今冬最多の7羽を記録しました。
カエデやヒマラヤスギの木立から鳴き声が聞こえてきます。
さらに、上空高く飛び交う姿も。

明後日は関東も大雪の予報。
2015年の冬は大雪後にシメやイカルの大きな群れが春先まで滞在しました。
彼らの餌となる木の実は十分です。
はたして今冬はどうなるのでしょうか。

今朝は冬鳥たちの増加が期待できそうな朝でした。

参加者7名 記録種数25種 記録個体数187羽
次回は1月27日午前7時からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 10:45| みにクル報告(宇都宮)