2018年01月13日

中央公園1月13日調査報告

宇都宮も厳しい寒さが続いています。
早朝は散策する人も少なめです。
特に今日は鳥たちの声も少なくひっそりとしていました。

大池もそのほとんどが凍結。
カルガモが氷上で縮こまっていました。
オレンジ色の脚がひと際鮮やかです。
小学生のS君に数えてもらったところ75羽でした。

180113karugamo.jpg
  (寒そうにじっとするカルガモたち)

今朝はオナガガモのつがいがいました。
11月以来の今シーズン2回目の記録。
おそらく、また明日には飛び去ってしまうことでしょう。

今日はシメの鳴き声がしきりに聞こえてきました。
全部で4羽。
1月に入って数が増えてきました。

シロハラも年末以降コンスタントに記録されています。
今回も前回と同じ4羽を記録できました。
地上でカサコソ音がするとそこにはシロハラの姿が。
くちばしで落ち葉を掻きわけていました。


180113shirohara.jpg
     (木の枝で鳴くシロハラ)

ただ前回個体数の多かったツグミ。
今朝は鳴き声が1か所で聞かれただけでした。
まだ、居ついていないのかもしれません。

頭上の枝にカラ類の群れが出現。
なかなかカシの茂みから出てくれません。
手分けしてカウントするも上手く数えられません。
混群のカウントはいつもイライラ。
それでも、少なくともエナガ16、シジュウカラ7、メジロ4。

今朝もそれなりに楽しめました。

参加者8名 記録種数21種 記録個体数169羽
次回は1月20日午前7時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 11:48| みにクル報告(宇都宮)