2018年01月11日

ハクチョウ幼鳥率調査(12〜1月)速報 幼鳥は南に多い

12月30日のブログでもハクチョウの幼鳥率調査のお願いをしましたが、成鳥・幼鳥の個体数を毎年送ってくださっている調査協力者の皆さんもおられますので、これまでに届いているハクチョウの成鳥・幼鳥の記録のうち、越冬地の個体数が安定する12月と1月上旬に20羽以上を調査している記録をグラフ化しました。調査結果を送ってくださった皆様、ありがとうございます。

オオハクチョウは8地点の調査があります。北海道から岩手県・宮城県までは幼鳥率が10%未満ですが、新潟県北部と福島県・千葉県では10%を超えており、南へ行くほど幼鳥が多くなる傾向がありそうです。なお、新潟県北部というグラフタイトルにしてあるのは、ハクチョウ類の一大越冬地である新潟中部の記録が含まれていないためです。

オオハク幼鳥率20180111.png

コハクチョウは15地点の調査がありました。オオハクチョウより南で越冬するので、岩手県・宮城県以南で調査が行われています。そして、コハクチョウでも南に幼鳥が多い傾向が見られました。岩手県・宮城県から新潟県北部では幼鳥率が10%以下の調査地が多いのですが、石川県、埼玉県、滋賀県では10〜20%になっています。

コハク幼鳥率20180111.png

まだ全国ハクチョウの越冬地の一部の記録しかありませんが、さらに多くの地点の記録を追加すれば、日本の南北での幼鳥率の違いがはっきりしてくるかもしれません。(神山和夫)

追記: この記事で使っている箱ひげ図の見かたの説明文を、次の記事に書きました。

posted by ばーりさ at 23:11| 活動報告