2017年12月23日

中央公園12月23日調査報告

日の出直後は1日で最も寒い時刻。
露出した頬が痛いほどです。
公園の花壇のシモバシラも霜のように白くなっていました。

171223_shimobashira.jpg
      (庭園のシモバシラ)

駐車場のアキニレのカワラヒワも一時より増えていました。
今朝は14羽。
ただ、12月下旬になってもやや少なめです。
今冬は郊外でも少ないようです。

今日は待ちに待ったお客の飛来です。
庭園のカエデからピチ、パチの音。
イカルです。
今シーズンは11月ごろから時折記録されていました。
ただ、いつも一瞬だけ。

今朝は5羽がカエデの木で採食中。
個体数から3日前に近くの公園で観察された個体かもしれません。
今回は、皆さんでゆっくり見ることができました。

171223_ikaru.jpg
    (カエデの実を食べるイカル)

一方、シメはまだ少ないままです。
今朝も1羽のみ。
そろそろ増えてきても良いのですが…。

他の公園などでも少ないままです。
今冬は今のところ全体的に少ないのかもしれません。

秋口記録されていたヒガラも見られなくなりました。
他の調査地でもヒガラやキクイタダキは少ないようです。
今シーズンはアオゲラやカケスも公園で越冬していません。

市街地の公園での鳥たちの住み付き状況。
年による変動が興味深いです。

参加者9名 記録種数24種 記録個体数236羽
次回12月30日は今年最後の調査です。午前7時から。
担当:BR平野

posted by ばーりさ at 11:56| みにクル報告(宇都宮)