2017年12月02日

12月2日中央公園調査報告

12月最初の調査。
大池の縁のメタセコイアが美しく色づく朝。
集合場所ではシメの鳴き声が聞こえてきました。

171202_keshiki2.jpg
(美しく色づいたメタセコイアをバックにカルガモのカウント)

駐車場のアキニレの実にカワラヒワ。
個体数はまだ15羽前後と今ひとつです。
それでも一時よりは増えてきました。

と上空を低くイカル3羽が通過。
しかし、公園には降りなかったようです。
今年はカエデなどの木の実が多くなっています。
思うことは皆さん同じ?
ぜひ、今冬は長く居ついてくれと…。

今朝は、天気が良い割には冬鳥は少なめでした。
シメやシロハラの鳴き声や姿を記録するもせいぜい1、2羽です。
ツグミは鳴き声さえ聞こえません。

一方常連のカルガモは久しぶりに100羽越え。
ただ面白いのは、池によって個体数が違うことです。
面積が0.95haと広い大池は20数羽。
日本庭園と博物館の前の池は面積が狭いのに40羽前後いました。

ヨシなどの植物はどの池もまったくありません。
給餌はときおり大池でパン屑を与える程度です。
人との距離は小さい池の方が近いです。
小さな池2つには、水辺の間近まで樹木が茂っています。

とすると、広い大池が少ないのは周りから良く見えるため落ち着かないのでしょうか。
急に気になりだしました。

次回はもう少し冬鳥たちが増えると良いのですが。

参加者6名 記録種数23種 記録個体数221羽
次回は12月9日午前7時からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 10:34| みにクル報告(宇都宮)