2017年10月14日

バードデータチャレンジに参加(植田)

DSC01042.JPG



今日は福島の白河で国立環境研が行なっているバードデータチャレンジに参加してきました。50人くらいの参加者ですかね。盛会でした。

バードデータチャレンジは福島事故の後,人が住まなくなった地域の鳥の状況を録音モニタリングしているデータをみんなで聞き取るイベントです。調査の継続で,また人が戻ってきている場所など,様々な状況の変化とそれに応じた鳥の変化など,少しずつ成果が上がっているのを聞けて興味深かったです。

バードデータチャレンジについては,
 Bird Researchへの論文の紹介:http://db3.bird-research.jp/news/201707-no2/

もご覧ください。


帰りには巨大なカツ丼も発見! 巨大だったので,食べきれるかちょっと不安でしたが,瞬殺。
お店のおかあさま方にぼくのスピードに感動していました。

ikkyuan.jpg
posted by ばーりさ at 20:43| 活動報告

中央公園10月14日調査報告

このところ土曜日ごとに雨。
今朝も小雨が降る薄暗い天気です。
雨雲レーダーでは直に上がりそうなので歩くことに。

大池のカルガモが晩夏レベルの少なさ。
すべての池をいれても36羽のみです。
しかし、ホシハジロ雄4羽とキンクロハジロ雌1羽がいました。
ホシハジロはこの調査では初めての記録です。
しかし、10分ぐらいで飛去してしまいました。

171014_kinkurohajiro.jpg
(その後戻ってきたキンクロハジロの雌)

今朝は天気が悪いせい?
シジュウカラやメジロの常連はいつもよりだいぶ少な目です。
一方、高木の茂みでは大型ツグミのシリーの地鳴き。
ケヤキでついに鳴き声の正体が判明。
マミチャジナイでした。

さらに、ある期待をこめてヒマラヤスギを見回すと…。
中型の鳥が天辺にちょこんととまっていました。

薄暗くしかも逆光の最悪のコンデション。
しかし、近づくとやはりアオバトでした。
入り口付近からはアオバトの鳴き声。
さらに、別の3羽がヒマラヤスギに降りる姿も。

171014_aobato.jpg
(ヒマラヤスギから飛び立つアオバト)

雨が止むと低木の茂みからオオムシクイらしい地鳴き。
高木の天辺にはエゾビタキの姿も。

天気が悪いものの日ごろ見慣れない鳥たちが記録できました。
しかし、姿が見えずフラストレーションばかりたまる調査でした。

来週はジョウビタキやシメなど冬鳥も飛来することでしょう。
次回に期待です。

参加者6名 記録種数21種 記録個体数89羽

次回は10月21日午前6時30分からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 11:44| みにクル報告(宇都宮)