2017年08月26日

中央公園8月26日調査報告

一月は早いもので今日は8月最後の調査です。
雨の予想にもかかわらず明るい曇り空。

しかし、鳥たちの姿は今日も少な目。
個体数が多いのはハシブトガラスとカルガモだけです。
キジバトやヒヨドリは市街地の代表的な鳥です。
ところがヒヨドリは3羽のみ。
キジバトは先週に引き続き記録できませんでした。

それでも調査の最後にエナガとシジュウカラの混群が出現しました。
ケヤキやカシの高木の樹冠をしきりに動き回る彼ら。
なかなか正確な数をカウントできません。
それでもエナガ8羽とシジュウカラ4羽を記録できました。
どうにか今回は記録種数が一桁を免れました。

キジバトやヒヨドリの少なさが気になり公園での季節変動をまとめてみました。
下のグラフは、2種の3年間の10日ごとの最多個体数の変動です。

170826_hiyodori.gif
(ヒヨドリの10日ごとの最多個体数の季節変動 毎年4月から3月が1年)

170826_kijibato.gif
(キジバトの10日ごとの最多個体数の季節変動)

ヒヨドリは4月中旬から5月上旬と9月下旬から10月に大きなピークがあります。
これは渡りによるものです。
また、冬の方が個体数が多いことがみてとれます。
一方、キジバトは個体数の変動が大きいことがわかります。
そして、ヒヨドリほど明確な季節変動がありません。

しかし、両種とも8月下旬から9月は1年のうちで最も少ないことが見て取れます。
繁殖が終わりあまり鳴かなくなるためかもしれません。
しかもヒヨドリでは換羽の季節です。
こうしたことで、今の季節は発見率が下がることで記録個体数が少ないと思われます。

ただ、キジバトは公園外のほうが食物となる草の種子が多そうです。
食べ物を求め一時的に外へ出かけていることも考えられます。
とすると、今の季節、キジバトは公園の外に多いのでしょうか。
機会があれば調査してみたいと思います。

参加者6名 記録種数10種 記録個体数77羽
次回は9月2日 午前6時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 14:52| みにクル報告(宇都宮)