2017年08月19日

中央公園8月19日調査報告

今日もうっとしい曇り空。
さらに気温も高めで少し動くと汗がじっとり。
記録種も2011年9月10日以来の一桁です。

今朝はシジュウカラなど小鳥類はまったく記録されません。
先月まで大池上空に群れていたツバメの姿もみられません。

しかし、この季節、限定の楽しみもあります。
この時期、池のカルガモたちは換羽の最中です。
カルガモの多くは風切羽がすべて抜け落ちていました。
飛べないカモたちです。

今年から参加されたお二人。
見るのは初めてとのこと。
観察中、風切羽のない翼で羽ばたくカルガモの姿に笑いも。
お尻が丸見えのカモたちに感謝です。

170819_karugamo.jpg
(換羽中の飛べないカルガモ)

さらに、最後に巣立ちしたササゴイのヒナたち。
営巣木から離れ、大池の縁のサクラで親鳥の帰りを待っていました。
元気な姿に一安心。
そろそろ公園を離れて採食地へ移動するころです。
ササゴイを見るのも今日が最後かもしれません。

ハシブトガラスも大分減少しました。
今朝は25羽のみ。
先週に引き続き西側に多く集まっていました。

来週はハシブトガラスもさらに減っていることでしょう。
カッコウ類など秋の渡りが待ち遠しく感じる朝でした。

参加者:5名 記録種8種 記録個体数82羽
次回は8月26日午前6時からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 12:03| みにクル報告(宇都宮)