2017年07月15日

7月15日調査報告

7月中旬。
公園の鳥たちの子育ても終盤戦です。
カルガモのヒナも皆元気に動き回っていました。
もうこのまま成長しそうです。

オナガの巣立ちビナも大きくなっていました。
もう大きさは親鳥と同じです。
前頭部のわずかなごま塩模様で区別できる程度。
それでも6羽の兄弟がしつこく親鳥に餌を強請っていました。

大池の築山。
岩の上からササゴイの巣立ちビナが水中の魚を狙っていました。
気が付くとその数、3羽。
もうどの巣のヒナなのかわかりません。
無事巣立ちした10羽のうちの3羽でしょう。

170715_sasagoi.jpg
(岩の上から魚を狙うササゴイの幼鳥)

足場が悪いため、魚を狙う姿勢は今一つ?
何度か嘴を突き入れるも失敗ばかり。
そろそろ公園から飛び立っていくころです。

今朝は鳥の姿は今一つでした。
今年度最低の記録種数です。
でもニイニイゼミのたくさんの抜け殻。
流れに浮くウシガエルの姿。
結構、盛り上がっていました。

来週はハシブトガラスの若鳥が増えているかも…。

参加者9名 記録種数15種 記録個体数119羽
次回は7月22日午前6時からです。担当:BR平野



posted by ばーりさ at 12:06| みにクル報告(宇都宮)