2017年06月17日

中央公園6月17日調査報告

今年は空梅雨?
今朝も清々しい青空です。

170618kouen.jpg
(初夏の陽射しがまぶしい公園)

昨日の午後の降雹が気になり早めに着きました。
ササゴイたちに影響はないようです。
巣立ち直前のヒナも朝日に気持ちよさそうに羽繕い中です。

ただ、今年の公園は昨年とは少し違います。
ここ数年、増加傾向にあったササゴイ。
昨年は今の同時期に23羽のヒナがいました。
今年は孵化後3週齢のヒナが3羽と孵化後1週齢の2巣のみ。
多くがすでに失敗しました。
はたして今年は何羽のヒナが巣立つのでしょうか。

カルガモの家族群も昨年より著しく少な目です。
昨年は6月11日の時点で7家族50羽のヒナが記録されていました。
今年は6月12日に孵化した1家族を加えても2家族17羽です。

ただ、家族数が少ないせいでしょうか。
ヒナの死亡率は低いようです。
今年は最初の7羽のヒナのうち1羽が死んだだけです。
後から孵化したヒナも5日経っていますがすべて生き残っていました。
昨年までと違い、ほかの親鳥によるヒナ殺しがないのかもしれません。

ただ、このまま行くとせいぜいあとひと家族が記録されるだけかも。
ちょっと寂しい繁殖期です。

今朝の参加者7名 記録種数22種 記録個体数123羽
次回は6月24日午前6時30分からです。担当:BR平野







posted by ばーりさ at 12:03| みにクル報告(宇都宮)