2017年06月04日

ヒヨドリの少ない島 伊豆大島で調査(植田)

「ヒーヨ ヒーヨ」「あっ ヒヨドリだ!」
今週末行ってきた伊豆大島。ここではヒヨドリは珍しいのです。

今年から始まった東京島嶼調査。伊豆・小笠原の全て有人島の鳥の分布を明らかにすることを目指しています。
島では,本土での普通種が見られないあるいは少ないことがあります。大島ではコゲラ,ヒヨドリ,ムクドリ,ハシボソガラスなどがそれにあたります。
本土から分散して定着する機会がないことや生息環境が限られることがその原因の一つですが,ヒヨドリはなぜ定着しているのに増えないのか不思議です。環境は十分にあると思うのですけど。

今後,各島の状況が見えてくるとそのあたり,想像ができるかもしれませんね。


今回は7名で調査を実施しました。早朝からの調査に参加いただき,お疲れ様でした。


三原山の火口や砂漠も見てきました。20年度に調査するときは遷移が進んで,鳥の様子も変わっているでしょうね

DSC00851.jpg


カツ丼,苦労の末,帰る直前の昼食で食べられました。苦労の末のカツ丼は格別ですね。汁だくすぎるのと,タレが酒っぽかったので,もう少し煮て飛ばしてくれるとさらに良かった。

izuooshima.jpg


明日からはコゲラのいない島,佐渡で調査してきます
posted by ばーりさ at 22:22| 活動報告