2017年05月31日

ウグイスに次いで,コルリ・ソウシチョウも消失 秩父大山沢1回目調査(植田)

「ピッ ピピピ ピピピ」昨晩ダイソーで買ったばかりの目覚まし時計の音。
深夜2時半。車の扉を開けると東京では見られない天の川,そして,冴えたトラツグミの声が響きます。今年も大山沢の調査スタートです。
ヘッドライトを頼りに,調査地へと登っていくうちに空が白み始め,星が少なくなってきます。そうすると聞こえてくるのがコノハズクとヨタカの声。朝早くから登らないとたどりつけない大山沢だけど,これがいいんですよね。

大山沢の森で年々すすむスズタケの消失。今年はさらに進んでいました。昨年は枯れてしまい,葉もなくなり「茎の林になってしまった」と報告しましたが,それがさらに疎らに。
去年記録できなくなったウグイスは今年も聞かれず,そして去年は記録されたコルリとソウシチョウも,今年は記録できませんでした。コマドリは調査範囲外でわずか1羽のみ。藪の鳥たちは壊滅状態です。2回目の調査でもう一度探そうと思いますが…。

大山沢には昨冬にシカ柵が設置されました。いち早く設置した秩父演習林では,地上に草が生えはじめ,かなり前に設置したところは低木が繁茂しています。
大山沢もだんだんスズタケが復活してきて,藪の鳥も復活してくれるのでしょうか?
シカ柵.jpg 秩父のシカ柵内の植生の様子

今回は,帰りに青梅をまわってきたので,そちらでカツ丼。普段の倍くらいの値段のするカツ丼でしたが,それだけの良いお味でした。
misato.jpg
posted by ばーりさ at 19:55| 活動報告

2017年05月30日

北海道しめっちカルタ

フライウェイのガンカモ類担当の方を通じて『北海道しめっちカルタ』というものをいただきました。
simetti.jpg

「北海道ラムサールネットワーク」が企画して、道内の小中学生から読み札と取り札を募って作成されたそうです。

北海道には、大沼、ウトナイ湖、宮島沼、雨竜沼湿原、サロベツ原野、クッチャロ湖、釧路湿原、阿寒湖、濤沸湖、厚岸湖・別寒辺牛湿原、霧多布湿原、風蓮湖・春国岱、野付半島・野付湾の13カ所のラムサール条約登録湿地があります。
我々もそれぞれの湿原で活動されている団体の方には、特に水鳥の調査などで大変お世話になっております。

湿地の魅力を楽しんで知ってもらえればいいですね。

現在は、霧多布湿原センターで原画展が行われているそうです。

https://wetlandkaruta.wordpress.com/
posted by ばーりさ at 14:48| いただきもの

2017年05月23日

オオアカゲラ増加?佐渡のモニ1000調査(植田)

日曜日から今日まで,佐渡にモニ1000調査に行ってきました。
まだちょっと雪が残っていて,春って感じ。風が出ると冷える感じでした。雪の量は例年並みかやや少な目くらいですかね。

DSC00788.JPG

車中泊なので,車の中で暗くなるのを待っていると,テンが出てきました。身体を地面にこすりつけてのたうってました。よく見るところなので,テンにとって大事な場所なのでしょうね。

DSC00790.jpg

佐渡は比較的鳥が安定していて,これまで大きな変化がなかったところなのですが,昨年からちょっと変化が見られています。大佐渡杉林へのオオアカゲラの出現です。調査を始めた2009年からアカゲラしか見ない場所だったのですが,昨年からオオアカゲラがみられるようになりました。今年は2羽目撃。佐渡は以前はオオアカゲラしかいなくて,アカゲラの進出で勢力が逆転してきていると言われていますが,オオアカゲラがまた戻ってきているのでしょうか? ちょっと注目して観察していきたいと思います。

それとシロハラをしばしば見かけました。渡りの途中だよね。きっと。再来週も気にしてみようと思います。

新潟はたれカツ丼。衣が薄いやつの方が一般に美味しいのですが,これ,厚いけどおいしかった。

sekikawamura.jpg
posted by ばーりさ at 19:26| 活動報告

2017年05月20日

中央公園5月20日調査報告

今年ももう5月下旬。
公園の木々の緑も色濃くなりました。
植え込みのセイヨウシャクナゲのけばけばしい花が目を引きます。
一方、木の上では人知れずユリノキの花が満開でした。

170520_yurinoki.jpg
(チューリップのようなユリノキの花)

今朝はもう渡り途中のキビタキの声も聞かれません。
公園の鳥たちもややひっそりとしていました。
カルガモも少なくなり今朝は11羽のみ。
それでも下ばえの中では雌が抱卵中??
昨年は5月21日がヒナの初認でした。
来週にはヒナがみられるものと思われます。

今朝はムクドリの姿が目につきました。
親鳥たちは1羽、2羽で地上で虫を集めていました。
散策中の人間など眼中にないようです。
危うく踏みつけそうになることも。
間近でみるムクドリは意外に美しい姿です。

大池ではカワセミが久しぶりに戻ってきました。
ただ、まだ小魚が少ないようです。
水面に飛び込むものの獲物は捕れませんでした。

今日はやや物足りない記録状況でした。
しかし、カッコウの鳴き声に皆さんの顔が一瞬明るくなったような…。
この場所での初認です。
昨年、一昨年より数日早い記録です。
これからしばらくのどかな鳴き声に癒されることでしょう。

参加者6名 記録種数18種 記録個体数79羽
次回は5月27日午前6時30分からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 12:09| みにクル報告(宇都宮)

2017年05月19日

シロチドリ営巣防護柵(守屋)

行徳野鳥観察舎さんやリトル−ターンプロジェクトさんの方たちと協力して九十九里シロチドリ調査グループを作って活動しています。

今年、九十九里浜の大網白里町の臨時駐車場でシロチドリの営巣を確認しました。
散歩の人が近づいたり、直近で行われている工事の影響などで巣を離れた隙にカラスなどに捕食される可能性があるため、森ヶ崎や葛西でも使用されている『マモル君』を設置していたところ、無事にふ化が確認されました。
IMG_2020.JPG
『マモル君』は、シロチドリが通過できる大きさのメッシュが空いた約50×50cmのフェンス柵で巣を囲います。

巣に設置したカメラでモニタリングし、2017/5/14 10:30に巣内でヒナが確認され、巣外のセンサーカメラも14:48にヒナを捉えていました。
IMGP0130.JPG
PICT0174.JPG

巣内温度計からも5/14 15:30には親による巣へのケアも終わっており、その時点で巣立ちしたと考えられます(青が巣内の温度、赤が巣外の温度、親のケアがなくなると温度は同じになります)。
18557031_921437707997945_6542325466630349766_n.jpg

設置期間は短かったのですが、工事や人の往来がある中でハシボソガラスを除け効果があったようです。
今後も設置する方法や場所、どのような場合に設置すべきかなどを検討していきたいと思います。

設置に際しまして、大網白里町、千葉県にはご理解とご協力を得ましたありがとうございます。なお、マモル君の設置費用は、コンサベーション・アライアンス・ジャパンの助成を受けています。
CAJ_logo.jpg
posted by ばーりさ at 13:47| 活動報告