2017年04月15日

中央公園4月15日調査報告

4月に入っての調査は曇りや小雨の生憎の天気。
今日は、待ちに待った晴れの清々しい朝です。
ただ、鳥たちの姿は少な目でした。

今春は気温の低い日が多いせいでしょうか。
4月も半ばだと言うのにサクラの花が満開状態です。
渡り途中のヒヨドリたちが花の蜜を求めて集まっていました。

170415_hiyodori.jpg
(サクラの花の蜜を吸うヒヨドリ)

冬鳥たちも一時に比べると少なくなりました。
ツグミの姿はありません。
郊外の農地へでも移動したのでしょう。

しかし、シロハラやアオジ、シメはまだ記録できました。
日本庭園の茂みでは小声でぐぜるようなシロハラの囀り。
探すと新緑の若葉の中にシロハラがとまっていました。
体力を温存するかのように嘴を閉じたまま鳴いていました。

170415_shirohara.jpg
(渡り直前?のシロハラ)

冬鳥たちを横目に春早く営巣したエナガ。
先週はしきりに巣に虫を運んでいました。
今朝は、巣のある茂みに親鳥の姿がありません。

ところが、100mほど離れたコナラへ巣材を運ぶつがいがいました。
やり直し繁殖?
昨日は、2羽でしきりにコナラの又に出入りしていました。
今朝は2羽の意見が一致したようです。

今日はセンダイムシクイなどの夏鳥を期待しました。
調査中は上空を飛ぶツバメだけ。
しかし、解散直後ユリノキの並木でコサメビタキ1羽が記録できました。
来週こそキビタキやセンダイムシクイに期待です。

参加者5名 記録種21種 記録個体数193羽
次回は4月22日午前7時からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 12:09| みにクル報告(宇都宮)