2017年03月19日

中津干潟でシギチ講習会(守屋)

モニ1000シギチ講習会を開催するため、大分県中津干潟に私と奴賀さんでいって来ました。

初日はモニタリングの核部分の説明を私が、西三河野鳥の会の高橋さんにシギチ識別の基礎、南港グループであり中津干潟の調査グループでもある和田さんに中津の生物・調査方法について語ってもらいました。
高橋さんには、シギチ識別の最も大事な年齢、換羽や摩耗の総論をしてもらい、初心者ブッチギリの内容でしたが、コツというかこだわるところは伝わったかと思います。各論は時間がなくて飛ばし気味だったので、次回は構成も考えねばと思いました。和田さんの中津愛あふれる生物の話も面白く、鳥じゃないですが中津で和田さんが発見したニッポンヨーヨーシジミには驚きました。シャコに共生してる貝をよく発見できますね。またシギやカモ類の水辺の鳥の豊かさもハイレベルな場所ということがよくわかる話でした。

二日目の調査実習は晴天で風も弱く絶好のカウント日和でした。なかなか3000超のシギを数える経験ができる所はないので、よい経験になったと思います。経験のある参加者は海際に立つとすぐにカウンターを出して数え始め、普通の探鳥会では見ない光景に、シギチカウンターはバードウォッチャーでも特別なんだと妙に納得しました。
「ダルマさんが転んだ」で十ずつ数えると楽だという裏ワザ(?)も教わりました。
IMG_5801.JPG
楽しかったですし、有意義な一泊二日でした。やっぱり懇親会もして、いろいろ時間をかけて話さないといけませんね。

初回で不手際もあったと思いますが、地元NPO水辺に遊ぶ会のご協力のもと成功裡に終わりました。皆さんありがとうございました。ブラッシュアップして次回に備えます。

posted by ばーりさ at 23:56| 活動報告