2016年12月27日

近況報告2015≫火の鳥 巣箱に んみゃーち!!!

バードリサーチの研究支援プロジェクト(2015)で、皆様からご支援いただいている研究の近況報告が届きました。
浜地歩さんと植村慎吾さんによる「火の鳥 巣箱に んみゃーち!!!」です。

 アカショウビンは、枯れ木やタカサゴシロアリの巣など脆い材質のものに自分で巣穴を掘って繁殖します。木製の巣箱を使ってもらうことも難しいため、これまで繁殖生態の研究が行われていませんでした。そこで、浜地さんと植村さんは、巣穴を掘りたくなるようなコルク製の箱を林内に設置して、そこで繁殖するアカショウビンの生態をCCDカメラで盗み見ようという研究です。(詳細はコチラ

いただいた中間報告をご紹介します!
===============================================
アカショウビンの巣箱
浜地歩 植村慎吾

中間報告

 4月〜6月にかけて、今回のご支援で新しく設計したアカショウビン用の巣箱を10個作成し、宮古島の山林内に設置しました。昨年まではコルクだけでできた巣箱を設置していましたが、コルクだけの巣箱では、せっかくアカショウビンが繁殖しても巣内の様子を見ることが難しいため、巣箱の利点を活かせませんでした。
 そこで、新しい巣箱は木の板で巣箱の外枠と背面をつくり、前面のみをコルクにして作成しました。新しい巣箱は、内部に十分な広さを設けるためと強度を保つための設計に腐心しました。コルク部分は厚さが10cmあるので、アカショウビンが掘りやすいように中央をくぼませることが大変でした。この巣箱は上面に穴(開閉可能)を開けてあるため、繁殖が始まればCCDカメ ラを取り付けて産卵のタイミングや各ヒナへのエサ配分やヒナ間競争など、外からの撮影ではわからないアカショウビンの繁殖生態を詳しく知ることができます。

 アカショウビンは宮古島に4月に渡ってきて1ヵ月から2ヵ月もかけて営巣場所さがしと巣穴堀りをします。アカショウビンが営巣できる枯れ木の数は限られていると思われるので、新しい巣箱でも今年さっそく利用してくれないかと期待して いました。しかし、結局今年は新しい巣箱では繁殖してくれませんでした。
 一方で、一昨年に設置したコルクだけでできた巣箱には今年2ペアが繁殖しました。巣箱に使っているコルクは設置当初はまだ硬く、林内に設置して1年以上経つことでコルクが朽ちて柔らかくなるために、アカショウビンが巣穴を掘りやすくなるのだと考えられます。新しい巣箱も、来年以降はコルクが柔らかくなってどんどん利用されると期待しています。

植村 写真1s.jpg
巣箱の作成 手前は完成品です。
上面の板の切込みからCCDカメラで覗きます。

植村 写真2s.jpg
設置した巣箱 地元の子供達に説明しています。  
posted by ばーりさ at 21:38| 研究支援(近況報告)

近況報告2015≫日本の鳥の今を描こう 全国鳥類繁殖分布調査

バードリサーチの研究支援プロジェクト(2015)で、皆様からご支援いただいている研究の近況報告です。まずはバードリサーチによる「日本の鳥の今を描こう 〜 全国鳥類繁殖分布調査へのご支援 お願いします 〜」の進捗をお知らせします。

 全国鳥類繁殖分布調査は、1970年代と1990年代に環境省により行なわれた調査です。この2回の調査で全国的な鳥の分布とその変化が明らかになり,日本の生物多様性の評価や,レッドリストの改訂に役立てられました。全調査地を調査するのに5年をかける大規模な調査で、全国の皆さんの協力によって成し遂げられてきました。2回目の調査から20年が経過し、3回目となる今回はバードリサーチから声をかけさせていただきましたが、多数のNGOと環境省の共同事業として実施しています。
(詳細はコチラ

 プロジェクトのを立ち上げた昨年度に引き続き、今年度からは現地調査が始まりました。皆さまからのご支援で、着実にプロジェクトを進め、初年度分のデータの集計も行っています。外来鳥の分布拡大や夏鳥の復活など、早くも傾向が見えてきています。以下、担当している植田より、2016年度の取り組み状況についてご報告します!
===============================================
全国鳥類繁殖分布調査 中間報告

今年からスタートした繁殖分布調査。皆様のご支援および調査への参加のおかげで,順調にスタートすることができました。

 今年から2020年までの5年間で,全国2300コースを調査し,日本の鳥の分布を明らかにしていきます。今年は調査講習会をしたり,ニュースレターを発行したりして,調査参加者を募り,調査をスタートさせました。

調査講習会の様子.jpg
調査講習会の様子

 これまでに集まった調査結果からは,過去に調査を行なった1970年代,1990年代に続き,アオサギやカワウなどの大型魚食性の鳥やガビチョウやソウシチョウといった外来鳥の分布拡大が続いていることがわかってきました。
 また,1990年代には減少が心配されていた夏鳥たちに復活の兆しがあることも見えてきました。

サンショウクイとアカショウビングラフ.jpg
 今後もデータを蓄積していくことで,こうした変化の地域的な差や,その他の鳥の状況についても明らかにしていきたいと思っています。
また,来年以降は,若手の参加を増やすために,学生へのレンタカー代の支援や東京など調査参加者の多いところでは,より詳細な分布状況を明らかにするための調査などもしていきたいと考えています。調査への参加,引き続きのご支援よろしくお願いいたします。

ステッカー.jpg
調査参加者へのお礼のシールも作りました
posted by ばーりさ at 12:42| 研究支援(近況報告)

2016年12月25日

佐渡で森の鳥の調査(植田)


小佐渡の調査地に行ってきました。今年最後の調査です。たぶん。
直前で天気予報が変わって「明日にしといたらよかったかも…」とちょっと後悔気味だったのですが,C地点でちょっと雨に降られた以外は良い天気の中,調査することができました。

DSC00546.JPG

鳥の方はいるべき鳥はすべて記録されたけど,シロハラ,ヤマガラ,メジロが結構見られた以外は平年並みかやや少ない感じ。普段は自動車では調査地に入れない程度には雪があるのに,今年は雪が全くなかったので(秩父で痛めた膝に,ちょっと不安があったので助かった)本当の今年の様子は雪が積もった次回の調査じゃないとわからないかな,とも思いました。定点の移動中にはヤマドリが4回見られました。これも雪がない影響なのかもしれません。雌と若鳥ばかりだったのがちょっと残念でしたが,楽しめました。

最後の調査ということで,おそらくカツ締めになります。最後はちょっと変わったカツ丼で,佐っとびメンチカツ丼。トビウオのメンチカツ丼です。ソースもちょっと酸っぱめのソースで変わった味だけど,悪くない。でも,カツとご飯の一体感がないので,メンチカツ定食のメンチをご飯に置いただけ,と言えなくもないですけど。お皿を1枚汚さない分エコかな?

sattobi.jpg

では,皆さん良いお年を。

posted by ばーりさ at 15:45| 活動報告

新型ドローンでガンカモ調査に行ってきました

先月のバードリサーチニュースでご紹介したように、ドローンで空撮した写真を画像処理ソフトに読込んで、ガンカモ類を自動認識させて数をカウントする実験をしています。今月購入した新しいドローン(Phantom4 Pro)で、初めての撮影をしてきました。このドローンは飛行時間が長くなり(仕様では30分)、カメラは1インチセンサーを搭載しています。ガンカモ類の空撮カウントは、モニタリングサイト1000の一環として実施しています。

白鳥の自動カウント
伊豆沼白鳥カウント.jpg上記のバードリサーチニュースでは真上から撮影したオオハクチョウの自動カウントをしていますが、ハクチョウのように大きくて色の目立つ鳥は遠方から撮影した写真でも自動カウントができそうに思えたので、今回は高度90mから斜め方向に撮影した写真で自動カウントをしてみました。撮影は12月19日に宮城県の伊豆沼で行いました。写っているのはほとんどがオオハクチョウで、コハクチョウがわずかに混ざっています。自動カウントの結果は537羽で、もとの画像に自動認識した黄色い輪郭を重ねてチェックしたところ、ほぼ正確にカウントができていました。撮影場所の助言を下さった伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターの嶋田さんと高橋さん、ありがとうございました。

真上からの撮影だと写せる範囲が狭いため多くの写真を撮らないといけませんが、斜め撮影だと広い範囲を1枚に写せるので、効率よく撮影することができます。すごく高い高度から真下を撮影しても広範囲を撮影できますし、その場合はハクチョウの体が同じサイズにそろうので自動認識もしやすいのですが、ドローンは航空法の制限で高度150m以上を飛行するのに特別な許可が必要ですし、さらに高空を飛ぶことは安全上も不安がありますから、低空からの斜め撮影は有益な方法です。

オナガガモの自動カウント
さて、これまでの実験でマガンとハクチョウ類の空撮カウントの目処が立ってきたので、次はカモのカウントに挑戦です。12月22日に茨城県の北浦でオナガガモの群れを撮影して、自動カウントを試みました。現地では、モニタリングサイト1000の調査をして下さっている岩本昌憲さんにお世話になりました。

自動カウントはというと・・・・、水面の反射がカモと紛らわしくて、うまく認識できませんでした。カメラに偏光フィルターを付けると反射光をカットできるようなので、フィルターを入手して再挑戦します。撮影の飛行コースも失敗で、すき間だらけになってしまいました。写真同士をややオーバーラップさせながら、対象範囲を漏れなく撮影しないといけないのですが。

今回は新しいドローンのカメラの使い方がよく分かっていなくて、ピンぼけ写真ばかり撮影してしまいました。旧ドローン(Phantom3)は固定焦点カメラだったのが、新型ではオートフォーカスに変わっていることに気づいていませんでした。撮影するのが薄暗い時間帯だったり、きらきら光る水面だったりするためオートフォーカスが働きにくいので、自分でピント合わせをしないといけなかったようです。
北浦オナガガモ.jpg
北浦の湖岸から撮影したオナガガモの群れ。遠くはカモどうしが重なって見えるので、岸からのカウントが難しいのです。

オナガガモ自動カウント.jpg
自動カウントでは、オナガガモだけでなく水面の反射も間違って認識されてしまいました。
写真はちょっとピンぼけ。

北浦位置合わせ.jpg
GoogleMapsの航空写真に撮影した写真を重ねています。いつもは北に向いて平行に飛びながら撮影するのですが、それと同じ撮影間隔で斜めに飛んだために写真がすき間だらけになってしまいました。

posted by ばーりさ at 13:01| 活動報告

2016年12月24日

中央公園12月24日調査報告

1年が経つのは早いもの。
今日は12月最後の調査日です。
そこで、初冬の冬鳥たちの記録状況をまとめてみました。
下図は直近の3年間のシメ、シロハラ、ツグミの10日ごとの個体数の推移です。

シメ
昨年は1月30日の大雪後に急激に増加しました。
しかも昨年はカエデなどの木の実も豊作で60羽以上が3月まで滞在しました。
今冬の初冬期のシメは14年や15年よりやや多めです。
ただ、カエデやケヤキは不作のため今後継続して居つくのかわかりません。

161224_shime.gif
       (シメの記録状況の比較)

シロハラ
ここまでは、14年や15年より多めに記録されています。
15年は12月上旬にピークがありましたが、今冬は12月中旬でした。
今朝も少なくとも4羽が記録されました。

161224_shirohara.gif
     (シロハラの3年間の記録状況の比較)

ツグミ
今冬は11月中旬にピークがあり、その後次第に減少しています。
初冬期のピークは過去2年間よりやや遅めでした。
しかし、個体数はやや多いようです。

161224_tsugumi.gif
       (ツグミの記録状況の比較)

都市公園の代表的な冬鳥3種は今のところ過去2年より多そうです。
今冬は山地の林に木の実が少ないために早めに降りてきたのかもしれません。
一方で昨年多かったアトリやイカルは皆無です。
今冬は、昨年のように今後大雪が降るのでしょうか。
冬鳥たちがどのように変動するか見守っていきたいと思います。

今朝の参加者5名 記録種数26種 記録個体数222羽

次回は1月7日午前7時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 11:54| みにクル報告(宇都宮)