2016年11月12日

中央公園11月12日調査報告

昨日の寒さが嘘のような暖かな朝。
朝日が黄色く染まった木々を照らす気持ちの良い朝です。
公園のユリノキやケヤキが黄色く色づいてきました。

161112_kouen.jpg
      (黄色く色づいた公園)

暖かなせいか鳥たちの動きも活発です。
シジュウカラやメジロの声もあたりから聞こえてきます。

昨日の悪天候に山から下りてきたのでしょうか。
ツグミやシロハラ、シメの鳴き声がしきりに聞こえてきます。
さらに高空を飛ぶカシラダカの姿も。

公園の樹木におりたり、低いところを飛び交うツグミは少なくとも5羽。
シロハラ3羽、シメ6羽。
昨年の同じ時期と比べると今年の方が多く記録されています。
やはり山に木の実が少ないためかもしれません。

一方で、カルガモの移動はひと段落ついたようです。
10月には100羽前後が記録されていました。
しかし、11月に入ってからはせいぜい80羽です。
今朝も70羽でした。
さらにほかのカモもいません。
ここ数年、この公園のカルガモは減少傾向です。

今年は公園の木の実もあまりなっていません。
昨年多かったイカルやシメ、アトリは望み薄です。
今聞こえているツグミやシメも一時的な滞在かもしれません。
寂しい冬になってしまうのでしょうか。
気がかりです。

参加者4名 記録種数23種 記録個体数200羽
次回は11月19日午前7時からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 11:52| みにクル報告(宇都宮)