2016年11月05日

中央公園11月5日調査報告

1週間で公園の木々も彩が鮮やかに変わりました。
ユリノキも黄色く色づきました。

今日は冬鳥たちが主役です。
あちこちからツグミやシロハラ、ジョウビタキの声。
鳴きながら高木から飛び立つのはツグミ。
2、3羽の群れで移動していました。

シロハラもシュリーと独特の声を残して木立へ。
さらに日本庭園ではシロハラより甲高い地鳴き。
アカハラです。
いつもは茂みの中で姿が見えずイライラするアカハラ。
今朝は、スギの天辺にとまってくれました。
お蔭でシロハラとの鳴き声の違いを確認することができました。

161105_akahara.jpg
(スギの天辺にとまるアカハラの雄)

上空からはカシラダカの鳴き声も。
1羽ホオジロが低く通過していきました。
ただ、アオジはまだやってきていないようです。
例年姿がある生垣はまだひっそりとしていました。

大池の近くの茂みではアオゲラの鳴き声。
今年は2年ぶりに秋口から居ついているようです。

161105_chosachu.jpg
(アオゲラを探すみなさん)

最後はヒガラの出現です。
シジュウカラの群れに少なくとも2羽が混じっていました。
ドイツトウヒの梢付近を出たり入ったり。
今秋は周辺の林には今のところあまり多くないようです。
このまま居ついてくれると良いのですが…。

参加者5名 記録種数26種 記録個体数188羽
次回は11月12日午前7時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 10:36| みにクル報告(宇都宮)