2016年10月07日

自然保護セミナー「失われゆく砂浜のお花畑」参加(奴賀)

NACS-J 市民カレッジ シリーズ41「海と陸をつなぐ、生きものの楽園 砂浜」
「失われゆく砂浜のお花畑」に参加してきました。
http://www.nacsj.or.jp/katsudo/seminar/2016/09/nacs-j-4119292106.html
IMGP0305.jpg

砂浜は、鳥で考えると、シロチドリ、コアジサシといった絶滅危惧種の生息地で、その他シギ・チドリ類の採食場などになっています。それらの種も減少傾向にありますが、生息地である砂浜自体も衰退、減少しています。
そんな砂浜とそこに生息する生物の保全について参考になればと参加してきました。
講師の方は植生や地形が専門で、砂浜の種類や形状、海浜植物について詳しいお話が聞けました。
IMGP0321資料.jpg
シロチドリもフジノハナガイも描かれていて海岸エコトーンをよく表している資料。

砂浜の保全についても、生物多様性や防災機能などの生態系サービスの点から保全が必要性とのお話がありました。
保全の事例とし、「セットバック」というものが印象に残りました。セットバックとは、海岸線に構造物を極力設置しない、自然地形を尊重した保全計画(都市計画とも言えるかも)で、海岸線から内陸数百メートルには構造物を設置しないというものです。つまり、都市部を内陸側に数百メートル引っ越しさせるという感じです。なかなか大がかりな計画ですね。
でも、ハワイ州や大分県中津干潟、最近では宮城県気仙沼市で実施されているそうです。

砂浜開発に対する保全については、
現状を把握し、知見を蓄積しなければならないが、研究者が少なく、開発やそれに関する保全についてはどうしても後手になってしまうとのことです。
植物も動物もやはり砂浜研究者は少ない。。。
現状では、関係する人々の理解を高められるような科学的知見を蓄積することが重要で、それから生態学、工学、地形学などの学問融合で保全を実施していくことが必要とのことです。

IMGP0312.jpg
セミナー会場近くの東京駅。久しぶりに東京駅丸の内口に降りたもので、つい。
posted by ばーりさ at 15:53| 活動報告

簡易カメラ付き巣箱(守屋)

巣箱にカメラを付けて中の様子を観察できないかという相談を会員の方からいただいて、カメラ付き巣箱の設置を手伝ってきました。

購入した巣箱は、フタをネジで締めて固定するので頻繁には開けられず、ちょっと高い場所に設置しているので、巣穴から覗くのも大変ということで、中の様子を観察するためにカメラを付けることにしてみました。
と言っても大掛かりな仕掛けではなく、市販のカメラを使用することにしました。

カメラは、3000円位の小型カメラで「USB内視鏡」とかの品名で販売されています。水道管の検査などに使えるように防水で、先端には調光機能のあるLEDライトが付いています。ケーブル長が7mや15mのものがあったので、家の壁に設置している巣箱から直接自宅のパソコンにつなげて観察できるようになっています。
細工も簡単で、カメラ径に合わせてフタに穴を開け、角度や画角を調整してカメラを固定、隙間を防水パテで埋めました。画像はパソコンのカメラビューワーソフトで確認でき、写真やビデオも録れます。画質はいまいちなのですが、小鳥の行動を観察するには十分だと思います。
IMG_4168.JPG

東京の区内なのですが、閑静な住宅街で緑も多いためシジュウカラやスズメが巣箱を利用するようです。
野鳥の利用があったらご連絡いただけるとのことで、繁殖の状況をどれくらい確認できるかご報告できればと思っています。

帰りに神田川沿いを歩きました。大きな側溝みたいですが、コサギやアオサギが休んでいました。
IMG_4171.JPG

posted by ばーりさ at 15:27| 活動報告