2016年10月22日

中央公園10月22日調査報告

今朝はどんよりとした曇り空。
鳥たちもテンション低めのようです。
梢を飛び回るのはヒヨドリばかり。
先週に比べるとひっそりしていました。

161022_kouenn.jpg
  (少し色つきはじめた樹木)

それでも日本庭園では渡り途中のアカハラの姿もみられました。
さらにはジョウビタキの声も。
薄暗いスギの茂みにはキビタキの雌タイプ2羽。
枝を飛び交いフライングキャッチ。
一緒に行動していました。
今年はこれでキビタキの見納めかもしれません。

ケヤキとシラカシの樹冠にメジロとシジュウカラの群れが出現。
メジロはしきりに鳴き交わすものの、シジュウカラはあまり鳴きません。
お蔭で個体数を記録するのが一苦労。
ただ、彼らのお蔭で少し活気が出てきました。

大池の周りを鳴きながら飛び交うのはハクセキレイとセグロセキレイ。
どちらも雄雌で行動していました。
冬のペアが決まったようです。

161022_sekirei.jpg
(池の岩にとまるハクセキレイとセグロセキレイ)

鳥たちも冬への準備に余念がないようです。
来週はさらに冬鳥の姿が多くなるかもしれません。
ただ、今年は木の実がなっていないので不安です。

参加者3名 記録種22種 記録個体数175羽
次回は10月29日午前6時30分からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 12:12| みにクル報告(宇都宮)

2016年10月20日

水鳥を数えるカウンターの工夫(神山)

冬になるとカモのカウントをするのですが、数が多いとカウンターが必要です。紅白歌合戦のおかげで、バードウォッチャーと言えば世の中の人たちが、「あのカチカチしている人たちでしょ」とイメージしてくれる、あの、カウンターです。

ただガンカモ類でもシギチドリ類でも、群れの中にいくつもの種が混じっている場合は、1種しか数えられないカウンターというのは不便なものです。そこで私は、100円ショップで売っているカウンターを2つ3つ接着剤でくっつけて利用していました。ボタンのひとつに緑の針金を巻いてあるのは、カチカチしているうちに、どれでどの種を数えているのか忘れそうなので、「針金に触れるボタンは一番多い種」などの印にしているからです。
IMG_0783.JPG

これはなかなか便利だったのですが、片手で双眼鏡を持ち、もう一方の手でカウンターを握る場合は2連結カウンターが限界でした。
双眼鏡貼り付けられるような小型カウンターがあると便利なのなぁと思っていたところ、100円ショップのダイソーでいいものを見つけました。デジタルminiカウンターです。

IMG_0780.JPG

こんなふうに双眼鏡に付けると、鳥を見ながら4つまでのカウンターを使えます! ボタンはストロークが深くてクリック感があるので、押し損ねることもありません。欲を言えば、押したときにピッと音がして、電気的な接触が悪くなっていないかを確認できると安心なのですが。
部屋でカチカチ試してみたところでは使用感に問題はなさそうなので、今週末にフィールドテストをしてきます。

IMG_0784.JPG

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2016-10-23追記。
実際にカモを数えてみたところ、カウンターは双眼鏡の接眼レンズに近い位置に付けた方が、カチカチしたときに双眼鏡が揺れないことが分かりました。数えやすくて、使い物になりそうです。付属のベルトは外して、コクヨのひっつきむし(壁にポスターなどを貼るための非硬化性パテ)で付けています。
IMG_0785.JPG

posted by ばーりさ at 12:06| その他

2016年10月18日

サイエンスカフェのライブ中継−キツツキの科学(神山・佐藤)

Liferbirdは野鳥を調べている研究者を中心に、多彩な講師を招いて非専門家向けの講座を開いている団体ですが、このLiferbirdの講座"サイエンスカフェ"のネット中継を行います。今回は、バードリサーチの運営会員もしていただいている石田健さんのキツツキ類のお話しです。

演題: キツツキの科学 石田 健(東京大学 准教授)
日時: 2016年10月22日(土)11:30〜13:00
iOS/Android: 各アプリのストアで"join.me"というアプリをダウンロードしてください。

くわしい講演内容は、Liferbirdホームページをご覧下さい。

ネット中継をご覧になるブラウザは、ChromeFirefoxの最新版をお使い下さい。Windowsに付属のInternet ExplorerとEdge、Macintoshに付属のSafariでは、映像を見ることはできますが音声が聞こえません。
50名までしか同時視聴できませんが、即日、このブログで録画のURLを公開します。中継ではチャットで質疑応答ができます。

中継画面の操作方法
パソコンでChromeかFirefoxを利用する場合

突然、英語のメッセージが流れてびっくりするかもしれませんが、驚かないで以下の操作をしてください。(画像をクリックすると拡大します)

1.上記URLにアクセスします。放送が始まっていれば下記のようなPowerPointの画面が表示されますが、放送前はバードリサーチのロゴが表示されています。
joinme1x.jpg

2.緑のアイコンの左端にあるスピーカーアイコンが、初めは×になっていて、音が出ません。スピーカーアイコンをクリックしてAudio Settingsを表示し、"Computer"をクリックして下さい。
joinme2x.jpg

3.すると、スピーカーアイコンが緑色になります。
joinme3x.jpg

4.スピーカーアイコンの右隣にある吹き出しアイコンをクリックすると、チャット用の小ウインドウが開きます。講演中の質疑応答に使用します。
joinme4xx.jpg

5.この画面のように、マイクを共有するかどうかを尋ねられることがあります。これはマイクを使用するかという意味のようなのですが、視聴者はマイクで発言できない設定で中継をしているため、共有(使用)してもしなくても関係ありません。
joinme5.jpg

iOS/Androidを利用する場合

join.meアプリの初期画面で、"meeting code"と書かれているテキストボックスに"birdresearch"と入力してから、joinボタンを押して下さい。
IMG_0778.PNG






posted by ばーりさ at 09:45| イベント情報

2016年10月16日

トウフツ湖,農大でモニ1000交流会・研修会(植田)

10月15日16日は,モニ1000陸生鳥類調査の交流会・研修会でした。
満員御礼,農大の学生さんが発表もしてくれて,なかなか良い会になりました。

DSC00288.jpgDSC00291.jpg

2日目の野外実習も,天気も良く暖かな中,行うことができました。キノコなども教えてもらい,楽しく実施することができました。

DSC00304.jpg

来週は秋田です。天気もよさそうですし,お近くの方はぜひ,お越しください。
http://www.bird-research.jp/1_event/monita.html

帰りに訓子府風のカツ丼を食べました。
ちょっと衣が油っこかったのですが,ワサビで中和されて,まぁまぁの味でした。

memanbetsu.jpg
posted by ばーりさ at 23:21| 活動報告

2016年10月15日

中央公園10月14日調査報告

このところ一気に気温が低くなった宇都宮です。
今朝は先週とは違い朝日がまぶしい快晴。
今日は新たに若いMさんも加わってくれました。

上空をヒヨドリの群れが囁きあいながら南へ通過。
高木の樹冠ではメジロの鳴き交わす声も。
公園の境のカシの天辺にはカワラヒワ3羽がとまっていました。
8月13日以来です。

大池のカルガモも個体数が増えていました。
今朝は、全部の池を入れて99羽でした。
中にここでは珍しいキンクロハジロの雄1羽が混ざっていました。
2014年10月24日以来の2度の目の記録です。

161014kinkurohajiro.jpg
(大池のキンクロハジロ)

池の縁のヤナギにはエナガ、メジロ、シジュウカラの群れ。
エナガは15羽、シジュウカラ9羽、メジロ4羽。
さらにヒガラ1羽も。
ヒガラは今秋の初認です。
仲間を探しているのかさかんに囀っていました。

161014higara.jpg
(ヤナギの天辺にとまるヒガラ)

と、池の縁から飛び立つ1羽の小鳥。
ジョウビタキの雄でした。この鳥も初認です。
昨年の初認は10月24日でした。
9日ほど早い確認です。
旅の疲れからか、ひっそりと枝に佇んでいました。

茂みの中からはアオゲラのけたたましい鳴き声。
ケヤキの枝に出てきた姿をみると雄でした。
一昨年はひと冬を通して雌が居ついてくれました。
今冬はどうでしょうか。

昨年はイカルやシメ、アトリの多い冬でした。
今年は公園のカエデやケヤキの実もほとんどなっていません。
飛来しても居つかないかもしれません。
どんな冬になるのか少し不安です。

参加者5名 記録種数24種 記録個体数266羽
次回は10月22日 午前6時30分からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 10:44| みにクル報告(宇都宮)