2015年09月29日

みにクル 九十九里浜シギチ調査(奴賀)

みにクル 九十九里浜シギ・チドリ調査を9/24、9/27で実施しました!

調査を体験してもらい、調査がどんなものか理解してもらい、調査に参加しやすくなってもらったり、調査員のリクルートにつながれば良いなあと思っています。
24日は晴れで鳥多め、27日は小雨で鳥少なめ、と両極端でしたが、当日の鳥の様子を含め、参加した二名のから感想をいただいておりますので、ご覧ください。

9/24 曇り
IMGP9283.jpg
参加者Kさんの感想はこちら。
https://www.facebook.com/yukinko6123?__nodl

9/27 小雨
IMGP9305.jpg
参加者Yさんの感想は以下。
----------------------------
Y探メンバーの三宅島弾丸ツアーの写真をupできないので、その翌日のハナシ・・・
バードリサーチの「みにクル」で九十九里のシギチ調査に同行させていただきました。
モニタリング1000の調査の雰囲気を感じることができるのがいいなと思いました。

バードリサーチでは富士山の調査などにも参加させていただいており、
夏の山と秋の浜はどう違うのかな?と思ったためリトルターンに行かずにこちらに(笑)

そしてどのような調査をしたかというと、普段の鳥見とそんなに変わりませんでした。
日付、時間の記録を残す。鳥を徹底的に数える。普段はちょっと曖昧なところをちゃんとする。

それが公式?の記録になるというのが普段の鳥見と一番違うところでしょうか?
「○○センサスするぞ!」と気張らないので楽でしたが、
きちんと定期的に、効率よく正確な記録を残すなど、気を使うところは必ずあるなぁっと。

雨が強くなって一時中断したり、鳥が少なかったり、帰りに渋滞に巻き込まれたり(笑)
苦労?もありますが、普段の鳥見だとがっかりのところ調査だとやりがいも増えて面白いんじゃないかと思います。

今回も大変お世話になりました。
-----------------------------

お二人の体験談から、
調査中でも楽しく鳥を見れること、
調査といっても難しいことをしているわけではないことがわかるかと思います。
Kさん、Yさん、ありがとうございました。

IMG_7189.jpg

次回は冬期調査で実施予定です。詳細きまりましたらまた改めてお知らせいたしますので、みなさまのご参加をお待ちしております。
posted by ばーりさ at 21:31| 活動報告

「アオサギのさかなとり」 本をいただきました

福音館書店ちいさなかがくのとも編集部さんより本を送っていただきました。
ちいさなかがくのとも 164号
「アオサギの さかなとり」 とうごう なりさ さく

アオサギ 絵本.jpg

アオサギの採食の一コマが、落ち着いた色合いの背景の中に描かれています。
時には、ユーモラスに。
アオサギの目にある「ちから」が気に入りました。
絵本のファン。アオサギのファン。東郷さんのファン。お勧めですよ。
織り込み付録には、「おおきなひとのための『アオサギのさかなとり』」を佐原雄二さんが執筆されています。(加藤ななえ)

posted by ばーりさ at 14:44| 活動報告

2015年09月26日

中央公園9月26日調査報告

どんよりとした雨上がりの公園。
天気のせいなのか鳥たちも少な目でした。

それにしても今年の9月は全体的鳥が少ないようです。
昨年の9月26日にはキビタキ2、コサメビタキ4、エゾビタキ3が記録されました。
また、渡り途中のカケス11羽も。

今朝は、ヒタキ類、ムシクイ類どちらも0。
カケスはやっと1羽だけでした。

シジュウカラも少な目です。
昨年の同時期には13羽が記録されました。
しかし、今朝は1群4羽のみでした。

さらに昨年のヒヨドリは22羽が記録されています。
今朝は3羽のみでした。
まだ本格的な渡りが始まっていないのかもしれません。

全体的な種数も例年より少な目です。
今年の9月の4回の調査で記録された種数は25種でした。
直近の4年間を比較してみました。
2013年よりは多いものの他の2年よりだいぶ少な目でした。
150926_kisetsu.gif
(直近4年間の1か月あたりの種数の比較 赤が2015年)

今年は、8月中旬から雨の日が続きました。
一方で、宇都宮周辺の山の木の実は豊作のようです。

こうしたことが影響しているのでしょうか。
来週からは天気も回復するようです。
ヒタキ類はまだこれから増えるのか楽しみです。

参加者3名 記録種数14種 記録個体数74羽

次回は10月3日午前6時30分からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 11:19| みにクル報告(宇都宮)

2015年09月16日

九十九里浜でシギチ調査をしてきました。(奴賀)

千葉県の九十九里浜でシギ・チドリ類調査をしてきました。

しばらく関東を離れていたので、よくわかりませんが、
台風?集中豪雨?のせいか、漂着物がたくさん打ち上がっている海岸もありました。
IMGP9149漂着ごみ.jpg

今日はシギ・チドリ類はちょっと少なめでしたが、
昨日の曽根干潟のシギ・チドリ類とはちょっと違う種類が見れました。
シロチドリ、メダイチドリ、イソシギ、ミユビシギ、トウネンを確認しました。
IMG_7182トウネン.jpg

IMG_7163シロチドリ群れ.jpg
シロチドリは群で休んでいました。繁殖期の終わり頃から群を見かけるようになりますね。

その他、海上をオオミズナギドリやアジサシが飛んでいました。
早いとクロガモも渡ってきていたりしますが、今日は見かけませんでした。


《お知らせ》
「みにクル」九十九里浜のシギ・チドリ類調査見学(9/24、9/27)は、まだ空きがあります!
http://www.bird-research.jp/1_event/index.html#minikuru
特に調査経験の少ない学生さんなど、ぜひ調査体験してみてはいかがでしょうか?
posted by ばーりさ at 17:16| 活動報告

2015年09月15日

曽根干潟でシギチ調査をしてきました。(奴賀)

北九州の曽根干潟でシギ・チドリ類調査をしてきました。

九州の干潟は広いです。
IMGP9111曽根干潟.jpg

でも干潟のど真ん中で工事が行われていました。
IMGP9107工事.jpg

どうやら、満潮時でも沖にある港?にアクセスできるように橋を作っているようです。
IMGP9109完成予想図.jpg

潮の流れを閉ざさないように橋の下にパイプを通して流れを確保するようですが、ちょっとパイプの位置が高い気がしました。。。

少し不安でしたが、シギ・チドリはそこそこの種類を確認できました。
ダイゼン、コチドリ、メダイチドリ、オグロシギ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、ダイシャクシギ、ホウロクシギ、アオアシシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、エリマキシギ。

オグロシギとエリマキシギ。
IMG_7150オグロとエリマキ.jpg

ホウロクシギ。
IMG_7039ホウロク.jpg

ソリハシシギ。
IMG_7068ソリハシシギ.jpg
ソリハシシギの群を見ると、九州っぽさを感じます。関東では50羽とかの群はあまり見られないと思います。

シギ・チドリ類の他は、
ミサゴが頭の上を飛んだり、
IMG_7055ミサゴ.jpg

稲刈り中の田んぼでダイサギやアマサギが集まっていたりしました。
IMG_7061アマサギ.jpg

明日は関東の砂浜でシギ・チドリ類調査の予定です。
posted by ばーりさ at 17:09| 活動報告