2014年01月04日

新春 渡良瀬遊水地 チュウヒモニタリング

オオタカ保護基金と続けている新春恒例の渡良瀬遊水地のチュウヒモニタリングに行ってきました。バードリサーチからは平野,黒沢,植田が参加。
風もなく穏やかで,絶好の調査日和。

P1040036.JPG


ただ,チュウヒは例年よりかなり少ない。ハイイロチュウヒも雄タイプは1羽のみ。
ツグミも年末になってようやく増えてくるなど冬鳥の南下が遅いようですが,チュウヒもまだ南下してきていないのでしょうか? 北の方の様子が知りたいところです。


調査終了後,カツ初めをしてきました。今年も良い一年でありますように。

koshigaya.jpg
posted by ばーりさ at 22:28| 活動報告

中央公園1月4日調査報告

今年初めての調査。
朝早くから4名の方が参加してくださいました。

寒さが厳しいせいかウォーキングの人影も疎らです。
鳥たちも疎らです。

それでもシジュウカラとエナガが元気な姿を見てくれました。
シジュウカラは全部で11羽を記録しました。
しかし、2羽や3羽で動いています。
野帳を見返すと、昨年は6、7羽の群れで記録されました。
この違いに何か意味があるのでしょうか。

エナガは今日も6羽の群れです。
昨冬も6羽が記録されそのまま巣造りに入りました。
今年もこのまま繁殖期まで留まるのかもしれません。

今朝はカワセミもアオジも記録できませんでした。
しかし、コース終盤でのこと。
前方の木の上から小鳥の羽毛が風に乗ってフワフワと落ちてきました。
さらには風切羽も。

タカが食事中のようです。
ヒノキの植込みを探すと小型のタカが飛び立ちました。
少し離れた別の木に移動。
脚には小鳥をつかんでいました。

枝の隙間から見るとツミの雌でした。
枝が密集した場所だったため、あまり良く見えません。
残念。

地上に落ちた羽毛から獲物はスズメと分かりました。
住宅地で捕えて公園で食べていたのでしょう。

ツミのお蔭で少しテンションも回復しました。

今日の記録種20種、記録個体数170羽
次回は1月11日 午前7時からです。担当:平野
posted by ばーりさ at 10:33| みにクル報告(宇都宮)