2018年10月13日

中央公園10月13日調査報告

今朝もどんよりとした曇り空。
10月ってこんなに天気が悪かった?
昨年の記録を見返すと昨年も小雨のち曇りでした。
人間の記憶は当てにならないものです。

181013_kouen.jpg
     (まだ青葉が茂る公園)

でも、昨年の14日には26種も記録されました。
エゾビタキやキンクロハジロ、ホシハジロ、アオバトに加えマミチャジナイも。
一方、今日のカモ類はカルガモだけ。
ヒタキ類はまったく影も無し。
期待したアオバトもダメでした。

さらに、昨年は9月下旬から連続してモズが記録されていました。
今秋はまだ1度も記録されていません。
気になって過去の記録を見返してみました。
すると、12年以降では毎年9月下旬には記録されていました。
たまたま今年だけなのでしょうか。
気になります。

一方で、昨年に比べてヒヨドリの群れが多く記録されました。
少なくとも6群190羽。
南へ向か旅の途中に立ち寄ったものです。
一休みすると、次から次へと飛び立っていきました。
お蔭で彼らの鳴き交わす声で他の鳥たちの鳴き声が聞きとりにくくなっていました。

今朝はカケスも飛来していました。
カケスの渡りはもう終盤です。
そのまま越冬してくれると嬉しいのですが…。

参加者7名 記録種数16種 記録個体数265羽
次回は10月20日(土)午前6時30分からです。
担当:BR平野
posted by ばーりさ at 11:49| みにクル報告(宇都宮)

2018年10月10日

秋の渡りの季節の水場カメラ

です。

さて、自宅の庭に設置した水場に訪れる鳥を自動観察しようと、水場カメラを運転しています。
いまだに太陽の光に過剰反応してしまう問題はあるものの、順調にTwitterに投稿しています。(寒冷紗をかけるなどの対策方法があることを三上さんに教えてもらいました。)

また、不具合が出た時のために日に2回自動でリセットするようにしました。そのおかげか、ひと月ほどカメラに関してはほぼノーメンテでデータが取れています。ほど良く雨も降って水差しも楽でした。さすがに台風の時には止まりましたけど、夜中だったので問題なかったです。

確認できる鳥にも変化が出てきて、9月下旬ごろから、ヤマガラやヒヨドリがよく表れるようになりました。
Do3qBNsUcAA-h-B.jpgヒヨドリ
DokULdlV4AA6um0.jpgヤマガラ

ヒヨドリは年中いますが、ヤマガラはあまり近所で見かけないので秋の渡りだろうかと思っていたのですが、台風の過ぎた10月4日に何とキビタキが観察できました。しかも複数羽。これは渡りをとらえたのではないかと思います。
DopajJFVAAA8fAT.jpgキビタキ

狭い庭の30cmほどの皿の水場にも渡り鳥が来るものなのかと少し驚いています。

下の図は9月終盤から10月初頭にかけての観察された鳥の日時と、気温、湿度、気圧の変化を示します。
ほぼ毎日シジュウカラが現れ、10月4日から7日にキビタキは現れました。ヤマガラ、ヒヨドリは最近毎日のように現れます。
面白いことにヤマガラはここでは夕方の出現が多いです。また、メジロやエナガは周辺にいますが、水場では観察できていません。これも不思議で春先にメジロやエナガは水場の常連だからです。
季節的なものなのか?種間の縄張りなどがあるのかもしれません。

birdbath.jpg

観察していると不思議なことがでてくるものです。

さて次は、ツグミなどなど冬鳥の渡来が確認できるでしょうか?

posted by ばーりさ at 18:08| 電子工作戦隊

バードリサーチ大会の会場を下見!そしてルート案内。

こんにちは。バードリサーチ大会の日がだんだん近づいてきましたね。ワクワクしますね。
皆さんにいーぱい来てもらえると、嬉しいのですが・・・どうなりますかねぇ。

さて、ということで、会場の下見をしてきました。
メイン会場のキャパとしては、300人ぐらい来ても大丈夫そうです。
会場の図面をこしらえました。PDFですみません。

口頭発表会場、ポスター発表会場兼出展ブース、懇親会会場がコンパクトにまとまっていて、広さも十分。良い会場を確保することができました。ご協力いただいた方々に感謝です。

東京駅から京葉線(武蔵野線に乗り入れる列車も停車します)で2駅、駅からすぐの東京海洋大学越中島キャンパスが会場です。
東京駅では、歩く歩道を使って10分ぐらい乗り換えに時間がかかりますが、それを差し引いても好アクセス。

さて、ところが。下見をしてみると、会場に近い門が土日は閉鎖していることがわかりました。
そのため、最寄りの越中島駅(京葉線)からは、少しぐるっと回るように移動して一度正門をくぐってもらうことになります。

なので〜!!
写真付きで、改札から会場までをご案内!

当日、不安になりそうな方は、このブログ、活用ください。

まずは、ルート案内図。看板に落書きしました。
海洋大越中島会館案内図s.JPG

越中島駅に着いたらら、改札を出て左に向かいます。
01改札.JPG

てけてけ歩いて、1番出口をめざします。
02地下通路.JPG

1番出口が見えてきました。
03出口1番.JPG

階段を上ると、目の前に車道が。ここは右へ向かいます。
04階段上を右.JPG

歩道橋を渡ります。ここ、一番の難所です。迷わないように注意!
ルート案内図看板を見直しましょう。
05歩道橋.JPG

歩道橋から階段をまっすぐ下りて少し歩くと正門が左手に!!
もし、正門に出会えなかったら、違う階段を下りちゃってます。
06正門.JPG

正門をくぐったら、右側にいる守衛さんに軽くあいさつをして、
海のにおいのする方向へ向かいます。右前方に明治丸が見えてきます。
07校内侵入成功.JPG

右手の芝生の上では、ムクドリの群れがワイワイやってます。
ここからしばらーく、まっすぐ歩きます。
08校内まっすぐ.JPG

おっと。会場が見えてきました!!あともう少し。
09会場に接近.JPG

バードリサーチ15周年記念大会会場に到着!
いえぃ、盛り上がるぞぉ〜♪
10会場入口.JPG

という感じで、お越しくださいませ。
皆さまにお会いできるのを、スタッフ一同、楽しみにしております。
posted by ばーりさ at 09:45| 活動報告

2018年10月06日

10月6日中央公園調査報告

雨上がり直後の公園。
今日もうっとうしい曇り空です。

濃霧のため視界が悪いからでしょうか。
ハシブトガラスが多く、園内をしきりに飛び交っていました。

一方でカルガモは今朝も少ないままです。
全部の池を足しても29羽でした。
例年なら9月から10月はカルガモが増える時期です。

下の図は、8月下旬から11月にかけての3シーズンの10日ごとのカルガモの数です。
9月中旬までは順調?に増加していました。
しかし、下旬以降また減少してしまいました。
2016年の10月上旬には103羽が記録されたのとは大違いです。

181006karugamo.jpg
(8月下旬からの3シーズンのカルガモの記録個体数の比較)

今年の春に西側の住宅地の調整池がすべて埋め立てられたためかもしれません。
今秋はオナガガモなど他のカモ類も姿をみせません。

雲が低く垂れこめているせいか、小鳥たちも静かです。
それでも茂みからエナガやシジュウカラの鳴き声が聞こえてきました。
カの襲撃に辟易しながら探すとメジロの群れも加わっていました。

宇都宮の公園ではメジロは冬鳥です。
今朝は少なくとも9羽記録できました。
メジロは順調に増加しているようです。

今朝はアオバトやエゾビタキを期待しましたが見つかりません。
ヒタキ類は鳴き声が聞こえたので植え込みから出てこなかっただけかもしれません。
でも、そろそろ青空のもとで調査がしたい…。

参加者7名 記録種数18種 記録個体数103羽
次回は10月13日午前6時30分からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 12:00| みにクル報告(宇都宮)

2018年09月29日

中央公園9月29日調査報告

9月最後の調査。
しかし、今日も雲が覆う生憎の天気です。
結局、9月はすべて曇りで快晴の調査日はありませんでした。
そのせいか9月の記録種数は、最近の5年間では14年に次いで2番目に少ない年でした。

180929種数.jpg
(最近5年間のひと月あたりの記録種数の比較)

昨年の同時期にはカケスやヒヨドリの渡りが記録されていました。
また、枝先で鳴くモズの姿も観察されました。

今日も先週よりは種数が多いものの今一つスッキリしません。
それでも上空をアオバトらしいハトの群れやヒタキ類が通過していきました。
ただ、曇り空のため識別はできません。

調査終盤になってやっとシジュウカラの小群と遭遇。
中にムシクイ類とコサメビタキ2羽が混じっていました。
やっと皆さんのテンションも上向きに。
と、警戒の鳴き声とともに一斉にブレイク。
再び、沈黙の世界が…。

最前から時折姿を見せていたツミが梢をかすめて茂みの中へ。
改めて、ツミは小鳥たちにとって恐ろしい存在なのだと知らされました。
でも、今飛ばなくても良いじゃないかと恨み言をつぶやいたのは私だけ??

来週は10月。
データを見返すと、ここ数年アオバトが記録されています。
昨年はキンクロハジロも記録されました。
来週は秋晴れが広がることを期待して終了。

参加者5名 記録種数20種 記録個体数97羽
次回は10月6日6時30分からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 12:18| みにクル報告(宇都宮)