2022年08月05日

カラスの団扇いただきました

ツバメのフン受けなどでお世話になっているシー・アイ・シーの今井さんから,からす団扇をいただきました。

P8050133.JPG

この団扇を玄関に飾ると,その事務所のスタッフはコロナに感染しないそうです(災難を祓うということなので,今風に解釈するとそういうことかと)。
活発に活動続け,いい成果を上げたいと思います。

ありがとうございました。
posted by ばーりさ at 16:12| いただきもの

2022年08月04日

鳥類学大会2021で使った仮想空間の技術的なまとめを書きました

8ヶ月も経ちましたが、2021年の鳥類学大会の前夜祭や裏会場で使った仮想空間の技術的なところを、メモを兼ねて記録しておきました。
バードリサーチの会員外の人が利用してくれるかもしれないと思うのでnoteに本文を書いています。
https://note.com/bird_research/n/n6c5415607ca5
posted by ばーりさ at 14:22| 活動報告

2022年08月02日

水田モニタカメラ

岡山県の倉敷市の水田に、6月18日の田植えからモニタカメラを設置しました。ここも有線のインターネットはないので、モバイルWi-fiを使用して水田にどんな鳥が来るかモニタしています(市販品のウェブカメラATOM cam2を使用)。

最初、水面が見える頃はサギやカルガモなどもやってきて採食していましたが、7月中旬を越えるとイネが覆うように育ってきて、通過していく鳥ばかりになり、観察される数は少なくなってきました。やはり開けた場所があるのとないのとでは水鳥にとって利用のし易さは大きく変わります。
(見えないところでクイナやバンがいる可能性がありますが、鳴き声はまだ分析できていません。)

水田は、日本の湿地環境で面積も大きく、多くの生物の生息地として注目されています。なつみずたんぼ(夏期湛水)やぬるめ、用水路、畦への工夫で、さらに多くの生き物が呼び込めないか。観察結果を活かして提案が出来たらと思っています。

ちなみに作業に出て来るのは父です。

続きを読む
posted by ばーりさ at 13:08| 活動報告

2022年07月27日

新事務所(国立)のルート案内

新事務所に移転して3か月。嬉しいことに、ちょこちょこ来客があります。
ただ、目立つ看板を出していないので、郵便受けの小さい表示しかなく、
駅から徒歩3分の近さですが、住所を控えていないと不安になることもあるようです。
なので、ちょいとルート案内をば。

JR中央線国立駅に着いたら改札(東側の直接外に出る方)を出て、右(南)へ向かってください。西側にも改札がありますが、こちらはショッピングモールnonowa直結の出口で逆方向です。
1kunitachieki.jpg

すると、右側に旧駅舎を活用した建物があり、目の前にロータリーが見えます。
左手は今は工事のための柵が設置されています。
ロータリーに向かって真っすぐ進みます。
2minamiguchiyoko.jpg

ロータリーに面してきたら少し左へ向かいます。
3rotari.jpg

斜めに横断歩道があるので、青になるのを待って渡ってください。
赤で渡ると、交番にいるお巡りさんに目を付けられます(笑)。
正面のビルの1階はりそな銀行でしたが、移転してしまいました。
何のお店が入るのか、ちょっと楽しみです。
4odanhodo.jpg

ロータリーを背に、りそなの入っていたビルを右手に、やや狭い道の歩道を進みます。
少し行くと三角屋根のビルが見えてきます。自動販売機の裏に入口があります。
(↓写真は車道の反対側の歩道から撮影してるので、実際の景色とは少し違う)
5shinozakibiru.jpg

入口はこんな感じです。正面のガラス扉は普段開いています。
右手のポストで、バードリサーチが入居しているのを確認♪
左手は歯医者さんの入口です。
バードリサーチの事務所は3階です。
階段のほかエレベータもついています。
6iriguchi.jpg

では、皆さまのお越しをお待ちしております。

事務所の住所
--------------------------
国立市東1-4-28 篠崎ビル302
--------------------------

posted by ばーりさ at 20:17| 活動報告

山梨県の水場カメラ

山梨県の八ヶ岳麓あたりに、7月初旬から水場カメラを設置しました。
電源はあるけど、有線LANがないところで、モバイルWi-fi(携帯電話の通信網)を使用してどの程度撮影できるか試しています(市販品のウェブカメラATOM cam2を使用)。
ただ、最近雨も多いし、水場の環境が豊富なためではないかと思うのですが、あまり鳥が来ません。辺りでずっとキビタキが鳴いているような所なのですが、キセキレイ、ゴジュウカラ、ヤマガラは、一度きり...。
ただ、ジョウビタキが幼鳥も含めて日に1回ぐらいやってきます。実際現地でも相当な密度がいるように思います。繁殖が確認されたと思ったら、こんな急激に増えるんだという印象です。どういう要因なんでしょうか、興味深いですね。

秋の渡りや冬鳥の移行は捉えられるか、水場はこれからに期待です。








続きを読む
posted by ばーりさ at 18:38| 電子工作戦隊