2018年02月17日

中央公園2月17日調査報告

だいぶ朝の冷え込みが緩んだ2月中旬。
公園の植え込みのマンサクが早くも黄色い花をつけていました。

大池の掃除はまだ終わっていません。
一段低くなった水路にわずかに水が残るだけです。

180217kouen.jpg
      (清掃中の大池)

今年はカワセミの雌がまだこの水路に来ていました。
水路に渡した足場の上や横のバケツにとまって魚を狙っていました。

180217_kawasemi.jpg
    (バケツにとまるカワセミ)

さらにアオサギ1羽とコサギ1羽。
北関東では著しく個体数が減ったコサギです。
市街地の塒から飛来したようです。
公園に降りてきたのはいつ以来でしょう?

180217_sagi.jpg
   (池に降りたコサギとアオサギ)

シメは相変わらず多く、カエデの木に群れていました。
ただ、前回よりは少ないようです。
人が通ると高木に移動したり飛び去ったり。
なかなか正確な個体数をカウントできません。

小学生のS君が31羽とカウント。
参加者の皆さんも納得。
日本庭園のシメはS君のカウントで決まり!

キジバトの長閑な鳴き声が3か所で聞こえてきました。
エナガもつがいらしい2羽で行動していました。
今日は、少し春の気配が漂う朝でした。

参加者6名 記録種数27種 記録個体数198羽。
次回は2月24日午前7時からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 10:46| みにクル報告(宇都宮)

2018年02月11日

繁殖分布調査ワークショップ滋賀(植田)

2月10日,滋賀県琵琶湖博物館で繁殖分布調査の分布図ワークショップを開催しました。
共催いただいた日本野鳥の会滋賀琵琶湖博物館の皆様ありがとうございました。

DSC01249.jpg

約30名の参加でここまでの成果の報告と,分布図作成のうえで重要になってくるアンケート情報の送り方について体験していただきました。いきものログで,そしてアンケート用紙でこれから情報が集まるようになると良いのですが。
今回は,調査コースがほぼ実施できた滋賀県で1回目を開催しましたが,来年度以降,ほかの県でも開催して,各地のデータの収集とぼくの趣味の各地のカツ丼コレクションの充実をいっそう進めていきたいと思っています。

DSC01250.jpg
今日は,野鳥の会滋賀の大塚さんと大橋さんに西の湖を案内いただいて,冬の琵琶湖を楽しんだ後にカツ丼も楽しんできました。大塚さんはエビフライカレー南蛮,大橋さんはカツカレー南蛮を食べてました。

mikuriya.jpg

けっこう量があってお腹いっぱいだなと思いましたが,新幹線に乗るとお腹がすいてきました。今日も健康です。


posted by ばーりさ at 19:47| 活動報告

2018年02月10日

中央公園2月10日調査報告

月日が経つのは早いものです。
今日はもう2月10日。
公園はまだ冬一色です。

でも鳥たちは早くも春の足音を感じているようです。
集合場所のユリノキの並木。
ハシボソガラスが4羽集まって鳴きあっていました。
南東側と北東側のつがいが縄張りを確認しているようです。

清掃のために干上がった大池。
残った水路でシメが水飲みに飛来していました。
と、どこからかヒガラのさえずりが…。
桜の枝でモズの雄がぐぜっていました。
今朝は3羽の雄が鳴きあっていました。
彼らももう繁殖の準備に入ったのかもしれません。

180210mozu.jpg
    (木の枝でぐぜるモズの雄)

さらに、セグロセキレイやハクセキレイも。
ハクセキレイは地上を歩きながら複雑な節回しで囀っていました。

一方冬鳥たちはまだ真冬のままのようです。
植え込みの地上でついばんでいるのはアオジ。
今朝は3羽で歩道に出てきていました。

180210_aoji.jpg
   (地上で餌を探すアオジの雄)

シメは相変わらず多いまま。
50羽前後が群れていました。
面白いことに、今朝はヒマラヤスギの地上で採食していました。
カエデの実はまだたくさんあります。
でもシメたちは落ちたヒマラヤスギの実を食べているようです。
アオジとは違い、人が近くづくと一斉に木の上に退避。

さらにシロハラも今冬最多を記録しました。
少なくとも8羽。
個体数が多いためでしょうか。
地上で争う2羽にヒヨドリが加わり争いがエスカレートすることに。

今日も見慣れた鳥たちとの出会い。
そんな彼らから季節の移ろいを感じることができました。

参加者4名 記録種数27種 記録個体数239羽
次回は2月17日午前7時からです。担当:BR平野







posted by ばーりさ at 11:19| みにクル報告(宇都宮)